用賀『ViVid』でビビっとくるマッサージ嬢


どうも、ダダモーレでございます。

今年も早いもので10月。

さて、本日は用賀。

訪れたとこがないのですが、イメージ的には富裕層の街。

二子玉川近いし。

用賀「Vivid」

事前に予約が必要で、お店への足取りは電話で丁寧に教えてくれます。

やはり駅を降りてみると、どことなく穏やかな雰囲気の街。

ああ、住んでみたいものです。

駅からはほんとすぐ近く、マンションタイプの建物の一室にあります。

インターホンを鳴らすと優しそうな男性がドアを開けてくれます。

オープンから日が浅いとかで、室内もきれい。

インテリアもごく普通ですが悪くない。

案内され、テーブルと椅子の置いてある、狭い待合室に通される。

週エス見せて60分9Kが8.5Kに。

コースが決まり、間もなく本日の嬢が部屋まで案内。

目のクリっとした愛想の良い美人。

今日の施術が期待できますw

マンションの一室を個室タイプにした施術室。

オリエンタルなインテリアで薄暗く雰囲気があります。

中央に穴の無いベッド。

お茶を頂き、着替えを済ませ、シャワー室へ。

Tバックタイプの紙Pに変身し、施術室に戻ると、本日のオイルマッサで使うオイルを選択。

ミントの香りにしてもらいます。

うつ伏せの状態から指圧開始。

腰と肩が具合が悪いことを伝えて、特に集中してやってもらう。

指圧を始めた瞬間、嬢が、、

「バキバキですね!」

ああ、そう。。

バキバキという古典的な表現を久しぶりに耳にしましたが、やっぱ凝ってるんだと実感。。

マッサージの勉強をしているとかで、やはり施術はうまい。

力加減やスピード、手つきなど、どれをとっても良い感じ。

腰からK2に掛けての指圧では、

「腰だけじゃなくて、K2まで硬くなっていますねー」

あそう、、それを言われたのは初めてで、そんなに凝りがきているのですね。。

しかし、、それも分かるとはなかなかの本格派、さすがにマッサージ技術がしっかりしてるだけありますw

全体的な指圧が終了し、オイルに移行するとミントの爽やかな香りと共に手を滑らせ、リラックスしていく。

バキバキになった体から毒素がスーっと抜けていく。

特に肩周りのオイルでは手のひらを駆使して凝りをぼぐしていくのが実感できます。

上半身が終ると今度は下半身の足を一本ずつ丁寧にオイルマッサージ。

足裏からふくらはぎ、太ももまで丁寧にもみほぐしていく。

あまりセンシティブコマネチエリアを攻めてくれないのは残念ですが、それは良しとしましょう。

爽やかな香りに包まれながらうつ伏せが終わり仕上げの仰向けに移行。

タオルを体にかぶせてくる嬢。

ん、

おや、、

なんだか紙Pに武装したjr.の部分を残してタオルをかぶせる変則技が炸裂。

このわざとらしくポッカリと空けている感じ、嫌いじゃないですよw

嬢の優しい手触りがコマネーチエリアや紙Pセンターをかすめていく。

ああ、センターをかすめるこの感じ。。

何かで倍返しだっ!(何でだよ!流行語使いやがって)

ああ、チラリズムっていい。。

一通りチラリズムすると施術が終了。

名残惜しいですが、シャワーを浴び、戻って着替えを済ませお茶をすする。

軽く嬢と談笑し、お店を後にする。

帰り際のあのにっこり笑顔が忘れられず、思わずビビっとくる。

また訪問を検討したくなるVividなのであった。

用賀「Vivid」はこちら