船橋『kulkul クルクル』の極上泡マッサの巻


どうも。

ダダモーレでございます。

やっとこさ休みの日にエステに通う日常が戻って参りました。

いや、何かいいですね、普通に戻るってささやかながら幸せです。

さて、本日は「船橋」。

何回か通った西船橋のお隣です。

船橋「kulkul クルクル」

店名の由来などはイマイチ分かりませんが、取りあえず行ってみる。

そうえいば、余談ですが昔、コクヨのくるくるメカっていう机ありましたよね。

あれ、斬新ですげー欲しいって思いました。

どうでもいいんですけどね。

さて、お店は駅前のビルにあり、アクセスは良い。

事前に予約が必要で電話で丁寧に対応してくれます。

階段を登って2階に上がると、入り口ある。

入って右側に受付があり、男性スタッフの方が対応してくれる。

週エス見せてご新規様限定、40分5Kにチャレンジ。

店舗タイプのお店で、待合室や施術室もドアがあり個室タイプ。

受付を済ませ、待合室で待っていると嬢が登場。

見た目ギャルの日本人嬢。

南国風の衣装に身を包んで、隙間から見える褐色の肌がいい。

部屋に通されると、今まで見たことの無い間取りの部屋。

手前に着替え&椅子の置いてあるエリア、奥に寝台タイプの戦隊用ベッドとシャワー設
備があります。

着替えを済まし、トランクスタイプの紙Pにチェンジ。

なんか黒いトランクス穿いてるみたいで渋い。

奥のベッドにうつ伏せになり、下半身からオイルマッサ。

足の裏から太ももまでゆっくりと入念に手を滑らせる。

ここで未経験の大技が。

手刀による強めのトントンが足を直撃。

結構な振動ですが、なかなかいい。

聞いてみると、マッサージの先生にお店でレクチャーしてもらったとのこと。

なかなかスジがいいです。

太ももへ手を滑らせたかと思うと、そのまま下から紙Pの中に手を滑らせる。

このスライド感が堪らんです。。

隙間っていいですね。

拙者も人間界の隙間で細々と生きております!

腰や上半身もちょうど良い強さで全体をくまなくマッサージ。

そうこうしていると、ぺロっと紙Pをめくり、K2をオイルで撫でまわす。

おお、お試しコースとはいえ、なかなかのサービス。

K2を一通り撫で回して頂くと、今度は戦隊に移行。

嬢が入念に泡作りを始める。

しばらくすると下半身からの戦隊。

肌に触れた瞬間、もの凄く柔らかい泡が足に触れる。

これは、、

普段使っているプライベートブランドのボディソープとは違い、なんという柔らかい泡。。

下半身のみならず、上半身もこの泡が包み込んでいく。

てか、この泡どうやって作るのか、知りたいわ。。

うつ伏せでの戦隊が終わると仰向けにチェンジ。

滑るのでお気を付けて~と、確かにベッドの上はツルツル滑りますね。

仰向けになると、こちらも下半身からマシュマロのような泡で包み込む。

ああ、なんて気持ちいいんでしょう。

泡にも負けないソフトな感触で手を滑らせる嬢。

時折、紙Pの隙間に入り込んでくる手が堪らん。。

上半身もまんべんなくダダモーレのOPIやお腹など柔らかな泡を滑らせ、時折、紙Pの間に掌が滑り込んでくる。。

おお、、

段々と、、

紙Pの上下から手が交互に通過していく。。

ああ、いいんだよ。。

その手は、往復切符でいいんだよw

コマネーチエリアや、オイナーリ先輩もご一緒に泡と戯れます。

今日はバブルパーティーだぜ、ヒャッハー♪

寒くて、家の中でモジモジしていたJr.も元気に。

皆でなかよくバブルパーティーを始めました。

楽しかったパーティーもお試しコースということで終了。

軽くベッドの上で泡を流してもらい、シャワーを。

嬢が退出し、着替えて終えるとお茶と軽い談笑。

最後にお手製の名刺をもらって見送ってもらう。

60分コース以上だとスペシャルサービスもあるんで是非♪

おお、マジか。。

お試しコースとは言え、オイル指圧のテクニックも悪くなく、戦隊もかなり気持ちが良かったので再訪してみたい。

クルクル、何がクルクルかは不明ですが、クルクルしちゃうほど気持ちよい施術なのであった。

船橋「kulkul クルクル」はこちら