東京八重洲『小悪魔パウダー専門店』でガマンスープがダダモーレ

どうも、ダダモーレでございます。

 

本日は東京駅は八重洲口、東京の玄関口とは思えない

ディープな繁華街に来ております。

居酒屋、カラオケ、エステ、怪しいエステ、何でもありんす。

そんな中、ちょっと怪しそうなエステにGO!

東京八重洲『小悪魔パウダー専門店』

小悪魔ちゃんに焦らされるんでしょう、きっとww

サクラ通り直ぐのレトロなビルにあります。

(>_<)階段なし。。。

この急な階段は中年エスターにはちとキツイ。

お出迎えはお嬢様風のジャパニーズ

エエ。

パウダー店はやっぱり大人の女性が似合うのだ。

週エス見た!で「魔性のお試しコース」40分6K

カーテン仕切りのお部屋でそそくさと紙Pにお着替え、

久々のブリーフタイプ。

ブリーフタイプはどこから脚を入れたらいいのか、いつも困惑しますな。

準備完了でうつ伏せに、パラパラとパウダーをかけられます。

「パウダーお好きですか?」

耳元でささやかれると、フェザータッチと相まってゾクゾクします。

「パウダー好きでーす…うぅ…」

敏感なダダモーレの反応を愉しむかのようなERチックな嬢だ。

かなりのどSとみた。

うふふ?

どSだ。

「では、わんわんで~」

わんわーん!

わんわんからはブリーフ紙Pを織り込みTバック状態に、

あぁなんだか恥ずかしい格好だこと。

オイナーリ~K2~トキメキゾーンまでサワサワサワサワ~

からの背面B地区をサワサワサワ~

あぅ…

Jr.はもう大丸デパートのように堂々たる佇まいwww

これで残り時間たっぷりと焦らされるなんて、

快感通り越して我慢大会の様相。

ガマンスープで紙Pがよりいっそう濃紺になっていきます。。

腰がガクガクニなったところで、仰向けコール

B地区をクリクリいじくりながら、

「ここ感じちゃいますね?」とまた耳元で、、、

もうそろそろJr.も限界。

大暴走&大爆発しちゃいそうです。

しかしここは撫子店。

スン止めまでか、、、

どS嬢は微笑みながらコマネーチエリアに侵入。

A開脚のキワドイエリアも難なく侵入。

更には紙P内部にもどんどん侵入。

これにはJr.ももう限界

我慢できないあるよー

うふふ?

おもむろにティッシュを持ってくる嬢。

あぁ、そうか。

こんなところでも発電できるのねー

 

あ、、、

 

ああ、、、

 

あああ、、、、

(´・ω・`)

(´・ω:;.:…

 

(´:;….::;.:. :::;.. …..

余った時間で軽くアフター指圧を受け、本日の

施術は終了となりました。

どMのパウダー好きは週5で通いましょう。

 

東京八重洲『小悪魔パウダー専門店』はこちら