中野坂上「Gloss グロース」 熟嬢の悶絶パウディングと小心者のダダモーレ…

またしても熟女のお店ができたそうな。
お姉さま方の熱気で気温もうなぎ上りです。

 

 

山手通りの喧騒から逃れるように、綺麗目なマンションに凸。
熟女の淫靡なフェロモンが廊下にも溢れ出ているので、
部屋番号を聞かなくても、どの部屋か中年には分かります。

 

なぜなら、瞬間的にイチモーツーが反応するからです。
敏感なERアンテナは一向に衰えません。
「こんにちわぁ♪」
ほうほう…
なかなか美人さんではないですか。

 

アラフォーと言いながら、アラフィフが登場で、あららららに
なることも覚悟しておりましたが良かったです。

 

あららららではなかったので、より濃厚な施術という
エグゼクティブコースをチョイスしてみました。

 

90分14K

 

飲み物がお茶だけでなく発泡酒もあるのが良いですね。
特に夏場は最高です。

 

グイッと一杯ひっかけて、ヨコスカ紙Pを装着。

 

先ずはウツブセで指圧マッサ。
熟嬢は黒のワンピース姿、いくらエグゼクティブコースとはいえ
ERい格好になるわけではないですね。

 

それよりも熟女の溢れ出るフェロモンで勝負したいという
オーナーさんの意向なんでしょう。

 

指圧が大体終わると今度はパウダーになるそうな。

 

「パウディングしても大丈夫ですか?」

 

優しく囁くと、熟嬢は中年の身体にパラパラとフリカケのように
パウダーを撒きます。

 

焦らして…

 

焦らして…

 

焦らして…

 

焦らして…
密着カエルリンパのコマネーチパウディング…
ヨコスカならではのカスリオイナーリも存分に堪能できます。

 

ガーマンスープをこってり搾り取ろうという
熟嬢のER魂を感じます。

 

案の定、いとも簡単にヨコスカ紙Pを濡らす中年。
もはやウツブセが苦しい頃合いになった時に、
ワンワンコール。

 

やはりパウディングはワンワンスタイルが絶妙です。
背後からのWハンドパウディング…

 

&WハンドB地区…Oh…FBK…
アオムケ。

 

基本的にオールパウディングという事でしょうか。
アオムケでも益々焦らされます。

 

どM中年には、堪らないシチューションですが、
パウダーマスターでない方は注意が必要でしょうか。

 

まぁ、オイルも完備されていますのでリクエストすれば
やってくれるとは思います。

 

さてさて、焦らしガーマンスープ施術も
クライマックスに近づいてきたようです。

 

カエル開脚悶絶パウディングで全身の血流が
イチモーツーに集中してきます。

 

なんて焦らしだ…

 

やりきれない思いのイチモーツーが相談してきます。

 

「勇気をだしてオイルでチョメチョメお願いしてみたら?」
「おいらそんな勇気ないの知ってるだろー!」
「でもこのままじゃ丸の内線で通報されちゃうよ??」
「ムムム…」

 

「熟嬢さん…ちょいとお願いが…」

 

「シャワーの準備してきますね~」
(´・ω・`)

 

(´・ω:;.:…

 

(´:;….::;.:. :::;.. …..