蕨「エル・ミラージュ」 ちょい熟姉さんのモミモミモミリッチ

蕨駅はあまり良い思い出がございません…

 

今宵は如何でしょうか…

 

蕨「エル・ミラージュ」

 

指示されたマンションに辿り着きましたが、

かなりの昭和臭がします。

 

ちょっと帰りたくなります。

 

エレベーターで上がると、外廊下に

電気が付いていません。

 

廊下は真っ暗です。

 

かなり帰りたくなります。。。

 

汚い風呂場は流石の変態中年もキツイです。

僅かな勇気を振り絞って凸。

「イラサマーセー」

 

ちょい熟姐さんが迎えてくれました。

 

若かりし頃は美人さんだったであろう。

 

しかし、ちょい熟しております。

でもまぁスレンダーなスタイルはキープ

していますので、大丈夫です。

 

お部屋に案内されると意外にも綺麗です。

というか風呂なんかピカピカです。

 

リノベーションしてあるんですね。

外観からは想像もつかないクオリティです。

 

さて、お会計を済ませて全ラーで嬢を待ちます。。

 

「コンバンハ~♡」

ん????

ちょいぽちゃ嬢が登場しました。

 

なんだチミは???

 

まさかのぽっちゃりチェンジか…

「チミがマッサするのかーい?」

「ワタシ、イイデスカー?」

 

「さっきのお姉さんがイイヨー」

「ワカタヨー」

ちょい熟姐さんに再チェンジしました。

ちょいぽちゃ嬢には申し訳ない。。。

部屋戦隊からマッサが始まります。

 

やはり寒い…

 

寒いから戦隊はいいよーって伝えても、

キモチイイヨーに押し切られます。

 

泡戦隊はセンシティブエリアだけでいいヨーって伝えても、

キモチイイヨーと全身に泡を塗りたくります。

 

Oh…これぞチャイエス魂

しかし、寒さに震えながらも

センシティブエリアは大盛り上がりなのは

周知の事実です。

 

Oh…FBK

「イッショニオフロハイロー」

「はいろー」

 

もしかしたら脱ぎだすんじゃないかと

思いましたが、流石に着衣でした。

 

泡を流してもらいお部屋にモドリッチ。

 

全ラーで仰向けます。

 

「オニサン、ウツブセヨー」

 

ここは譲れません。

 

断固アオムケでスタートします。

 

泡戦隊でコーフンしたセンシティブエリアは

待ってくれません。

 

リンパマッサからマッサ開始です。

 

ちょい熟姉さんは主にB地区とセンシティブエリアをマッサしていきます。

 

中年も主にB地区とセンシティブエリアをマッサしていきます。

サワサワ…モミモミ…

サワサワ…モミモミ…

 

サワサワ…モミモミ…

サワサワ…モミモミ…

 

非常にコーフンします。

 

エエではないか…

 

さらにオイルを付けての…

 

サワサワ…モミモミ…

サワサワ…モミモミ…

とてもエエですな。

 

Oh…

(´・ω・`)

 

(´・ω:;.:…

 

(´:;….::;.:. :::;.. …..

 

至福…

 

「オニサン、マッサージスルー」

「するー」

残り時間は背面のマッサをしてくれました。

 

ちょい熟姐さん…

 

いや、ちょいER姐さん…

 

アザース。

蕨駅に素敵な思い出が出来ました。

 

帰る際は廊下の電気も煌々と照らしていました。

 

ナイス蕨。。。